読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

itochin2の日記(仮)

主に備忘録。Perl、MySQL、Unity、開発管理などについて情報を残していきたい。

不採用になる人のパターン4つ

転職 面接

NAVERまとめ的なタイトルにしてみた。

某転職サイトの企業説明会兼面接会に、再び面接する側で参加してきた。
今日は10人くらいと話してみたけど、刺さらない人ばっかりだった。
なので、こんな人はこないでくださいってパターンをここで愚痴る。


1.「BtoBよりもBtoCやりたいです!」

「どんなサービス好きですか?」→「・・・」

TwitterFacebookのアカウントもないし、好きなWEBサービスもないのに
「BtoCに興味があります」とか寝言を言わないで欲しい。
興味があるだけの人を採用する企業はない。
BtoBの景気が悪いからBtoCっていうのが見え見えすぎる。



2. 「iPhoneアプリ作りたいです!」

「普段どんなアプリやってますか?」→「・・・」

使ってないのかよ!
あまつさえ、どうやって作るんですか?とか聞かれた日には、
今日の夜ご飯何を食べよっかなーくらいのテンションになる。
ユーザーじゃないのに「ユーザー目線のアプリ開発」とか言われても説得力ない。
実務経験は2〜3ヶ月で普段はガラケー使ってますって人に、
スマホアプリの開発で採用される可能性はない。
万が一にもない。



3.「新しい技術を積極的に取り入れる所に共感しました!」

「いま興味がある技術はなんですか?」→「・・・」

「Web系 SIer 違い」をググって出てきたキーワードを展開してくるパターン。
そんな浅い知識で面接は通らない。もっと掘り下げた回答を用意してくれよ。
説得力皆無でナメすぎ。



4.「ソーシャルゲーム作りたいです!」

「どんなゲームが好きですか?」→「・・・」

特別興味もないけど、前向きな姿勢をアピールしてくるパターン。
お帰りいただきたい。



ギャグみたいだけど、これが現実。

「興味があるけど興味があるだけの人」は採用されない。
興味があるなら、行動を示して欲しい。口先だけの人はいらんのだ。
お互い休日潰して活動してるんだから、もっと真面目にやってくれよー。


こんな事を書いててアレだが、自分の首を絞めている気がしなくもない・・・。



--- 2013/5/20 追記
昨日はついカッとなって、上から目線の煽る記事を書いてしまったけど
1日でよくアクセスされるページNo1になるくらい参照があったので
ちょっとフォローをしたいと思う。


まず、自分は役員でもないし、エンジニアのスペシャリストでもない。
現場のリーダー的な立ち位置だから一次面接やってるけど、
ぶっちゃけ、偉くもなんともない。
なので、一緒に働いてくれる仲間を探すっていうスタンスで面接やってる。


面接ではスキルが足りるかっていうのは当然見るけども、
転職する人のやりたいこと、キャリアパスがウチの会社で実現できるのか?
会社の方針、働き方、社内の雰囲気に馴染めそうか?
残業時間とか福利厚生の実態とか、疑問や不安な所をすり合わせられるか?

まぁ、そういうことを面接で話し合って着地点を探したい。


オマエにそれを引き出すトーク力がねーんだよって言われると、
ぐぬぬ・・・ってなるけど。。



煽るようなこと書いたけど、お互いに歩みよるために面接したいのに、
一方通行じゃ誰も幸せになれないよねって事をホントは言いたかった。


数ある会社から見に来てくれたんだから、もっと興味をもって欲しい・・・
っていう憤りを昨日は感じた。